7/31/2016

ビジネスゲーム 誰も教えてくれなかった女性の働き方

今日は本の話。


 


ビジネス・ゲーム 誰も教えてくれなかった女性の働き方 (光文社知恵の森文庫)


この本、同窓のMちゃんに紹介してもらっていて
すごく興味があった本。そして今回、わざわざ貸していただきました!

実はネット注文して到着待ってたとこだったから
待たずに読めてありがたい〜

このジャンルの本はこれまで
「大人の女はどう働くか」(和名)などでカバーしていたけど
この本も良書ですね。読む価値あり。

前半は「職場における女性の絶望的な現実」が
遠慮なく書かれていて途方にくれてしまう、かも。

でも後半はその対処法に触れられているので
(少し)救いがある。。

わたしの場合、本著に書かれている「女性にとって要注意の会社」とか
「もしこういう状況だったら転職したほうがいい」っていう内容が
今勤めている会社にピッタリ当てはまるのが痛くて、悲しい。

日本の一般的な企業全体に当てはまる話かもしれない。

この手の本を読むたびに
組織で「ゲーム」を理解して頑張っている女性には
自然と頭が垂れるし、頑張って道を切り開いてほしいと思う。

と同時に、起業という形は、組織から離れて自分のルールで働けるから
余計な苦労を回避できるし、女性にはいい方法じゃないかなとも思う。
起業だったら自分が会社の文化や掟を作れるからね。

大学生の女子などにぜひあらかじめ読んでほしい。
けど、読んじゃうと就活やる気なくすかもしれない。

でも日本で言うところの一般職とか
カスタマーサービス的な仕事を検討している人は
これ読んでから決めるのも遅くないと思う。

新卒社会人の女子は必読、ですね。

ちなみにこの本、原作の洋書はこちら。





Games Mother Never Taught You
Corporate Gamesmanship For Women


今度この本についてMちゃんと語り合いたいわ。

さて、来週も楽しい予定が盛りだくさん。
リクルート出身の某日系フリーペーパーの社長さんとお茶する予定だし
ある日系団体の会長さんともお食事することに。



0 件のコメント:

コメントを投稿