1/29/2018

DISCアセスメントを受けてみました!

DISC(ディスク)アセスメントって聞いたことありますか?

性格診断の一つで、アメリカでは一般的に使われているようです。



わたしのボス(アメリカ人セールス畑に数十年)の話では
営業担当者全員にこのテストを受けてもらったうえで
どんなタイプのお客さまからも話を引き出して仕事をもらえるように
セールストレーニングの目的で使っていた、とのこと。

データに基づいて対策を立てて実行するという姿勢、
こういうところがアメリカらしいなって思います。

そんなDISCアセスメントを先日受ける機会がありました!

テストはオンラインで、最大20分くらい。
わたしは正確な結果が欲しかったので
ときおり単語の意味をネットでチェックしつつ
それでも15分くらいで終わりました。

このテスト、大人の場合は結果はいつ受けても
ほとんど変わらないみたいですが
普段の自分のとき(疲れてるときとかは避けて)に受けるのが
いいそうですよ。

結果はサマリーを含む20ページのレポートでチェック。
自分が思っている自分と同じだと感じたところに線を引いたり
そうでないと感じたところにもチェックを入れたり
さらには親しい人(わたしの場合は夫のタイガーさん)にも読んでもらい
感想を聞いたり、よりはっきり自分のことを知ってもらったりしました。

わたしが読んだ感想は

・ほとんど全部当たってる
・一部、そうなのかなぁという部分もあったりする
・(ボスが言ってたみたいに)自分のタイプ以外の人に合わせるって難しいなぁ

などと感じました。

一方、夫に見てもらった感想は

・このテストぴったし当たってるね、すごいね!
・自分が興味のある環境に置かれたときにこの性格が発揮されるよね

と言ってました(笑)

そんなわけで夫にも近々テスト受けてもらって
今度は二人で結果を見比べて、お互いがよりよく一緒にいれるために
使ってみようかなって思ってます!

こんな話もポッドキャストでしたいけど
どうまとめるかが、難しいなぁ。。


0 件のコメント:

コメントを投稿