9/26/2017

Coaching Memo 9/25/2017

最近読んだネット上の読み物

現代ビジネスオンライン
「息子と僕のアスペルガー物語」奥村 隆
時間に細かすぎる親子

無料で読めるのは最初の10話ぐらいまでだけど
アスペルガーとかADSとかADHDの実話が興味深かったです。


昨日再開したCorrieとのコーチングセッション。
これから隔週で1回45分ミーティングすることになりました。

Corrieとのコーチングは
アメリカに戻ってきた2009年に
学校の先生の紹介で始めて
「サンディエゴで働きながら生活する」という夢を
サポートしてもらいました。

2010年にサンディエゴで仕事についてからは
Corrieはほかの仕事(プロレベルのスイマーなので、水泳のコーチ)を始めて
わたしも仕事を始めたからお互いに時間が合わなくなって
辞めてしまっていました。

そして7年たった今
わたしたちともに母親になり、いろんな経験をして
またコーチとコーチー(コーチを受ける人)の関係になりました。

わたしがコーチングを再開した理由は・・・

確かにわたしはもともと未来志向だし
自分のやりたいことを形にしてきたので
正直、わざわざお金をかけてコーチングを受ける必要があるのか、と
自問を繰り返してたんです。

でも、頭のどこかでコーチングを再開したほうが
効率よく、より少ない苦労でゴールに到達できるんじゃないかと思って。

ゴール。わたしのゴールって何だろう?
それは、アメリカでの自己実現?自己表現なのかもしれない。

アメリカに戻ってきて9年目、
当時の気持ちは薄れてきているのも事実だけど
自分はもっとできる、見たい景色があるって感じているのも事実。

さらに言うと、わたしはいい意味で
9年前のわたしとは違う。余裕も知恵もある。
今のわたしをもってして、どんな世界が開けるのか見てみたかった。


で、その予想は正しかったって
昨日のたった45分間のセッションで確信できました。

やっぱり伴走者と一緒に目標に向かうことで
効率よく、ハッピーに夢を形にできやすくなるし
何よりもそのプロセスが何倍も楽しいものに変わってくることを
昨日の45分で深く味わうことができました。

昨日のセッションの前には思いもつかなかった行動を
今日になってワクワクしながら進めている自分がいて
本当に不思議。

今の仕事についてから
どこまでをブログに書くのか、書かないのかというのが
ずっと引っかかる部分なんですが
わたしにとっては頭の整理や忘備録としてのブログ機能なので
(今日じゃないけど)今後は差支えない範囲で(!?)
どんどん書いていこうって思ってます。

昨日のセッションでの学びは

それまでは、今は待ちの時期だから取れる行動はなし!って思ってたけど
今思えばなんでそう思ってたんだろう??って笑

次回のセッションまでにやることがたくさん出てきて
それがワクワクしながらできることで
やり始めたらいろんな夢を浮かんできて。

マーケティングコンサルティングでも
より質の高いサービスを提供するためにも
遅くとも来年あたりにはコーチングのトレーニングを受けることも検討中。

Corrieからも素質があるし、コーチングを受けた経験もあるから
いいと思うよ!って言ってもらえました。
今どのプログラムを受講するか考えているところ。

人間っておもしろい。
たくさんの可能性が詰まってる!!

がんばるぞー!!



0 件のコメント:

コメントを投稿