4/26/2017

コーチCorrieとの再会♫

今日は社会人ビジネス留学でUCSDにいた頃に
「アメリカで働く」夢をサポートしてくれた
ライフコーチのCorrieに再会してきました。


コーチングを受けていたのは2009年から
アメリカで働く夢を叶えた2010年6月まで。
あれから7年近く経過しています。

当時子なし夫婦だったCorrieも
今は2人の子どものお母さん。

当時独身だったわたしも
今は結婚して家を買ってお母さんになってる!

Corrieはもともとオリンピックを目指すほどの水泳の選手。
わたしのライフコーチングのあとにUCSDで水泳コーチをしていたけれど
アメリカの水泳コーチというのはコーチの仕事以外の
リクルーティングとかいろいろが多いそうで
本来のコーチの仕事に集中したくて、新たな一歩を踏み出すところ。

わたしもずーっと前からやりたいと言っていた
「本の出版」の夢を本気で叶えるべく、企画書を書き始めています。
やりたいことを意識して前に進めていかないと
どんどん年ばかり取ってしまうのです!

というわけで、お互いにいつまでに何のアクションをとるのかを
宣言しあって、チェックし合うことにしました。

Corrieから新しい仕事の肩書きやウェブサイトについて相談を受けて
相手がアメリカ人だろうがなんだろうが
自分のマーケティング力の強みは発揮できるところはたくさんあるのだなと
再確認できました。

というわけで、有言実行でがんばらねば・・・!




4/14/2017

Maelo Ruizコンサートの予習



イースターの3連休スタート!
いよいよ今夜Maelo Ruizのコンサートです。

Malo RuizはEl Rey de La Salsa Romantica(ロマンティックサルサの王様)と
呼ばれている人です。



同僚Mが好きだって言ってたのは多分この曲


これ名曲よね!































このところ心に余裕がなく忙しくしてたので
今夜はサルサに浸ります。楽しみ!


3/29/2017

San Diego Radio Korea

サンディエゴにラジオコリアっていうAMラジオ放送があるらしい。
というのをコリアンの友達Lから聞いた。

今まで気にしたこともなかったけど
今度聞いてみようかな。

このリンクから聞けるはず。
ここでK-popとか聴いてる人もいるんだろうなぁ。

3/09/2017

My Recent Achievement




I just wanted to take a moment to note my recent story of how I got a teaching position at one of the best university in San Diego and became a business instructor. This note is for myself, but I also share in my blog so it can be of help.
So...recently I listened to Emi's Podcast and aftershow video and chat with my friend Nikki, I had a chance to revisit my small desire of teaching business skills or advising careers using my experience and knowledge.
Originally I assumed that it is essential to hold an MBA or other master's degree to teach, but I did not have a wish or plan to study for further degrees as I am mid-30's with solid working experience -both corporate and entrepreneurial- in multi-cultural environment.
Then what I did was to get online and emailed some of my contacts in the high-education industry and asked their thoughts. And guess what, one of them replied and said they are actually seeking a new teacher for one of their business programs. He asked if that is something I was interested in.
The course is Cross-Cultural Negotiation. I am expert on culture and communication, but just like most of other people, I was not sure if I am a successful negotiator. Actually the funny thing is that when I graduated from a business program, I told my friends that I wish I learned negotiation skills in class. And now they are offering me to teach it!
Looking back my life, I realized I have been negotiating in some turning points. Even now I negotiate inside and out of the company. I know that is why they considered me to be a good fit for the teaching position. Also, I considered it as a good opportunity to learn thoroughly the topic and provide students opportunity to practice and own it so they can use the skills in the real world. I replied yes. We had a meeting this morning and they were all helpful to make my course be successful. My success is their success, and the students success.
Now all I need to do is prepare well. I asked them what their expectations are and my requirement is, I also reached out to some of my contacts who have previously taken that course and learned what they liked and expected more from the class. I know what I need to do, so just do it! I also know some friends in teaching position, I will ask them effective instruction design. I will utilize my creativity to build the course. I will include activities, role play, assignments collaborated with other classes or their daily life. My ultimate goal in teaching is to give lectures and workshops whenever I go back to Japan.
Thank you for reading!

Crazy note 1: After I was hired as a business instructor, I received email from Director of Instructional Excellence, and guess what, she was my English teacher when I came to US!! She was the one who kindly invited me to their Thanksgiving dinner when I told her I would love to experience American culture of Thanksgiving.

Crazy note 2: Once I was dreaming of teaching cultural adjustment a few years ago, I contacted the same person who hired me. She did not know me back then. She replied and said they already have a teacher for what I wanted to teach. After that, I get connected with her, some people told her about me, I had a chance to meet her, they invited me to their graduation ceremony, etc etc...



Lessons-Learned:
- Have a great networking skills and keep in touch with your good contacts
- Tell people what you are interested and seek their thoughts
- Ask good questions, generally people like to be asked advice
- Understand about yourself, especially your strengths and what makes you happy
- Always thankful for what comes to your way, no matter how it looks
- When opportunity comes, just say yes and think how you can achieve the goal
- Get comfortable being uncomfortable
- Know there is nothing to lose
- Confidence is built on your effort
- Be free from whatever limitation you imagine (in my case I still work full-time and carve out some time off)

3/08/2017

Happy Women's Day

The world is so beautiful because of the existence of women! Happy Women's Day!!

今日3月8日はWomen's Day、国際女性デーです。

日本では全然知られてないですが
メキシコでは盛大にお祝いされます。
たくさんハグやメッセージをもらいました♪

アメリカ人の取引先の人にもHappy Women's Dayってメールしたら
同じようにお返事が来ましたよ。

同僚Mから

同僚Mから

同僚Mから

Girl Power!..
Un beso para todas!
同僚Rから


日本にいるころには感じにくかった感覚だけど
やっぱり女性ってすばらしい!
女性でよかった、女性バンザイ!!

今日だけじゃなくて
毎日女性であることを祝福して生きていこう。

社会や家庭における女性の地位は
まだまだあるべき姿から遠い。

だけど、だからといって遠慮していてはいけない
わたしたちの価値は、私たちがいちばん分かっている。
(そして男性も分かっている)

一人の女性として、母として、妻として
娘として、人間として、ビジネスパーソンとして
女性バンザイ!

この世の中は、わたしたちがいるから、美しい。


3/03/2017

Get Comfortable Being Uncomfortable



やりたいことや夢を考えたときに
不安になったりソワソワしたりして
やっぱりやめようかな・・と思うことありますよね。

脳は変化を嫌うようにできているそうです。
例えば血糖値が上がれば下げようとしたり・・・
厄介なことに、よい変化にも悪い変化にもソワソワは起こるらしい。

こんなときに自分に問いかけるべき質問は
「これをしないことによって何を得られるか」

ソワソワする変化の先にあることがワクワクすることだったり
ずっとやりたいと思っていることだったら
チャレンジしちゃうべき!

そんなソワソワも後から振り返ると
すっかり忘れてしまっているものですからね。

わたしも今、このソワソワ状態にいます。
不安とかできない理由を探したくなるけど
自分の経験や強みを生かせることを信じて
ここはぐっと我慢して、前進あるのみ・・!


2/27/2017

Universe Is Working...! いいサイクルにいる話



最近いいことが立て続けに起こっている。
Universeが働いている、いいスパイラルの中にいる感じ。

サイクルでいうならば
上質なポッドキャストを聞く
⇒ストレンクスファインダーの結果で自分の強みを再認識
⇒自分のやりたいことを再認識
⇒行動に移す(わたしの場合は人に聞くという作業)
⇒自分が想像していた以上の結果が返ってくる

という具合。

先日妹と話していたこと。
「やりたいことって、そのときは何らかの理由で諦めたり
ベストなタイミングじゃないって思って行動しなくても
少ししたらまたやりたいって気持ちが戻ってきて
その繰り返しで、何もやらないうちに年ばかり取っていくよね」

本当に自分の強みを活かした夢があると
びっくりするくらいに簡単に
思いが現実に変わっていく。

そう実体験を通して実感する今日この頃。

今何が起こっているのかは
もう少しコトが具体化してからお伝えします。

ヒントは・・・
え?わたしの英語ひどいけどいいの?
え?わたし○○するときひどく緊張するけどいいの?
え?わたし大学院とか出てないけどいいの?
え?わたし△△って苦手意識があったけどいいの?
え?こんなに簡単にチャンスを手にしていいの?

と最初は思っていたけど
いざチャンスが来て・・・!!
考えてみればできなくもないし
意外と自分にもできるかもしれないわ、という話。

こういういいアイデアがばんばん閃くときって
興奮して眠れないわ!

Maelo Ruizが来る!!

プエルトリコのクラシックサルサ歌手
Maelo Ruizがサンディエゴでライブします!!



4月14日(金)
場所はいつものBlue Agave。

チケットはTicketMasterでも買えますが
手数料がかかるので割高。
サンディエゴ内の指定のお店で買えばたったの30ドル。

今週末に買いに行くぞ!!




2/26/2017

母親の自己実現や幸せについて


Mother's self-realization and happiness are part of child raising.
Kids see their mother being happy and taking actions to realize her goals and dreams. 
Happy mom makes happy kids, happy dad and happy family. 

仲のよい長年の友との会話を通して痛感した
世の中のお母さんに言いたいこと。

⚪︎母親だからといって誰かに遠慮して、やりたいことをやらないことは
自分の自己実現や幸せのためにならないどころか、
夫と子どもとのいい関係を妨害し、子どものよりよい未来、
さらには日本のよりよい未来のためにもならないということ。

 ⚪︎「やりたい」と感じることがあれば
今SMARTゴールを立てて、必ず行動し実行すること。
今できない理由を並べてやらないと、後でまた「やりたい」が戻って来る。
その時は今よりも年を取っているんだから、どうせなら今やっておいたほうがいい。

*SMARTゴール=
SMARTとはSpecific(明確である)、Measurable(数値化できる)、Achievable(実現可能である)、Relevent(価値観にそっている)、Time-Sensitive(期限が設定されている)を意味します。例えば「痩せたい」という人がいた場合、SMARTゴールでは「12月1日までに○○の方法で2キロ減量する。そのために11月1日までに○○を週○回実施し、夕食は週3回自炊してまず1キロ減量する・・・」など。

母親が誰かに遠慮してやりたいことをやらない理由から考える
「やりたい」を行動に移すべき理由。

・子どもの側にいてあげることがよいこと/母の勤めだと思い込んでいる
⇨子育ての最終目的は自立した人間を育てること。
 母がいなくてもOKな状態を作ってあげなければいけない。
 自分の子どもに幸せになってほしい、好きなことをして生きてほしいと願うのは
 親として当然のこと。それならば自分自身が好きなことをして幸せであるべき。
 自分の親がずっと家にいたから、自分もそのようにしなければいけないと
 可能性を立っている人の多いこと、とても残念。

 母が自己実現や幸せのために行動している姿を行動で見せること
 親の生き様を見せることこそが真の教育。結果的に子どもの未来をひらく。
 
・夫ほどお金を稼いでいない、全くお金を稼いでいないという理由で
 夫や実家に子ども預けてまで外出することに抵抗がある
⇨夫婦は2人3脚で家庭を回しているパートナー。
 例えあなたがお金を(夫ほど)稼いでいないからといって
 あなたが自己実現したり幸せを妥協してよいはずはない。
 あなたは夫にとって、我が子という宝物を産んだ偉大な人であることを認識すべき。
 そしてあなたの働きのおかげで夫は安心して仕事ができていること
 家族として生活が回せていることを認識すべき。
 あなたが外出していい人たちと会話をしてリフレッシュしたり
 いいアイデアや元気をもらうことでより幸せで元気になるならば
 結局それは夫のため子どものため家族のためになる。
 幸せな母親があってこそ、幸せな家庭あり。

・外出すると夫に負担がかかり申し訳ないと思う。
 外出すると夫が不機嫌になるのではないかと心配になる。
⇨我が子が100%あなたの子どもであるのと同様に100%夫の子どもでもある。
 夫が子どもとのよりよい関係を築く機会を与えるためにも
 あなたはやりたいことをやったり外出すべき。

 子どもが小さいのは今のうちだけ、いつか巣立っていく。
 だからこそ今、夫に子どもと接する時間をたくさん与えてあげるべき。
 あなたが心配しているほど夫は子どもといるのを嫌だとは思っていないケースが多い。

 もし夫が不機嫌になるのなら、あなたがこれまで我慢しすぎた証拠。
 夫のためにも、子どものためにも、よりよい家族のためにも
 短期的に嫌な思いをしても自分の幸せを追求すべき。
 それが将来の子どものためでもある。
 
 そのうえで、外出して当たり前という態度ではなく
 「ありがとう」を感謝の気持ちを持ち、伝えること。
 
そしてまだ独身の方、子どもがいない方にも
心の片隅にこのことを覚えていただいて
独身の方は子どもができても自己実現や幸せを追求できるような
本当にあなたのことを愛しているだんなさんを見つけることが大事!!

わたしも最初は日本社会の描く母親の「あるべき姿」や
自分が見てきた母親の姿から感じる「あるべき姿」に悩み苦しんだけれど
いい意味で諦めることができたから今
本当の「あるべき姿」=「ありたい姿」が描けるようになりました。

これも夫の愛情のおかげに他ならないので、やっぱり感謝。

定期的に頭によぎる「講師としてアメリカと日本で教えたい」という夢。
SMARTゴールがないために行動に移せていなかったけど
今回こそはSMARTゴール立てて行動して、行けるところまで行こうと思います!



2/24/2017

遊びたいから仕事は1回で最短距離で片づける

With efficiency, you make it right in one time and go get drink!

出向&出張で来ているIさんと会話。
Iさんとは仕事での接点はほぼゼロなんですが
たまたまランチをご一緒することに。

「自分は仕事は嫌い。仕事より飲み会が好き。遊ぶのが好き。
だから1回で、最短距離で片づけたい。
仕事が忙しいって残業してる人から
あなたは忙しくなくていいねって言われるけど
自分の方がもっと仕事してるし、アウトプット出してるしって思う。」

Iさんは某社に入社後、7年して面白くないと感じて退社後
2年間ぜんぜん畑違いのお仕事をしてから
「お客さんがIさんを指定してきてる」と元の職場のボスから連絡があり
古巣の某社に戻ったという経緯のある方。

自分の部署の若手や女性、さらにはほかの部署の人たちから
あつい信頼があるIさんらしい発言だなと思うとともに
自分も短時間でアウトプット出せるように
仕事の効率化をもっともっと図ろうと思いました。

ちなみにIさんは英語も得意ではないと言いながらも
海外出張バンバン行かれているので
やっぱり語学力よりも大事なことってあるよねと思いました。